裏側矯正で歯並び改善【メリットやデメリットを理解】

歯並び治療なら裏側矯正も人気が高い【バレない矯正治療法】

矯正していることがバレない裏側矯正

基本的に矯正治療では歯の表面に矯正器具やワイヤーブラケットを装着したりしますが、裏側矯正の場合は歯の表面ではなく裏側に付けるため、見た目でバレてしまうことがないことから人気の高い治療法といわれています。

裏側矯正をするメリットとは

  • スポーツをしても特に問題がない
  • 歯の病気になりにくい
  • 出っ歯の治療にも良いとされる
  • 食べかすがつかないため食事も安全

裏側矯正で歯並び改善【メリットやデメリットを理解】

院内

メリットばかりではない裏側矯正

歯科で裏側矯正による治療をしていく上で、メリットだけでなくデメリットも存在するので把握しておきましょう。裏側矯正では滑舌が悪くなったり、発音しづらいなどもあるので注意が必要です。少なからずそうした影響もあるので、その症状があることも想定した上で治療をしてください。

女性

時間が経てば少しずつ慣れてくる

最初のうちは裏側矯正をしていて違和感があるかもしれませんが、矯正をはじめてしばらくすれば少しずつ慣れてきます。ですが職業柄声を出すような営業や音楽関係の仕事をしている場合は、医師と相談をして治療法を変えるのも手です。

歯医者

バレたくないなら裏側矯正がおすすめ

表面に器具をつけるわけではないため、裏側矯正は他人に治療をしていることがばれたくないという時は非常にメリットが大きいです。口元を大きく開けたとしても安心なので、普通に会話をしたり笑顔になることもできるので安心できます。

表面から治療をするときと裏側からの治療

表面から治療をする場合

歯の表面から矯正治療をする場合は、ツルツルとなめらかになっていることから比較的矯正装置がつけやすいといわれています。また面積も広いため余裕を持って矯正装置を装着することができるというメリットがあります。

裏側から治療をする場合

表面に比べて裏側になると凸凹が多く面積も狭くなることから、矯正装置が付けづらく、直接目視で確認することが難しくなっています。そのため、事前に歯型を取ってからその人に合った矯正装置を作っていくことが多いです。